コロナをブレイク!熱血バスケマンが事業経営というコートを走り目指すゴールは「地元前橋への恩返し」



■青春を捧げたバスケットボール

現役時代の黒澤さん

私はバスケットボールというスポーツ競技に39歳で現役を引退するまで人生の大半を捧げてきました。子供の頃はバスケではなく野球少年でした。父親が地元の少年硬式野球チーム(リトルシニア)で監督を長く務めていた関係で野球を始めましたが、やらされてる感が強く、自分には向いていないと思いながら親に嫌だとも言えない環境の中で続けていました。中学生になり、部活動で入部したのがバスケットボールでした。それから野球の練習は行かくなり、学校でバスケに熱中するようになりました。ですから、バスケを始めたきっかけを正直に言うと「親への反発」だったかもしれません(笑)。もちろん、アスリートとして活躍できたきっかけを野球を通じて与えてくれた父親には今は本当に感謝しております。

バスケットに真剣に打ち込み、幸運なことに厳しくも温かい指導者と心強いチームメートにも恵まれて、中学時代は群馬県大会ベスト4、高校時代は群馬県高校総体など3年間で優勝を幾度も経験することができました。大学時代は1年目からレギュラ選手となり、インカレではベスト4入賞、個人でも関東大学新人戦2年連続で個人得点、3ポイント成功数などで上位を連ねることができました。大学卒業後に地元群馬の佐田クラブに所属した後、ALSOK群馬の創設メンバーとして立ち上げに携わり、以後14年間引退するまで所属しました。ALSOK群馬では2007年全日本クラブバスケットボール選手権大会では県勢初の優勝も経験することができました。また国民体育大会群馬県代表をとして2016年までの選手として出場しました。

長い選手生活は苦しさも喜びも、かけがえのない貴重な経験の積み重ねでした。私の青春時代はバスケットボールと共にあり、今の自分を築いてくれました。




■引退後、指導者としてバスケットボールに携わる

現在は群馬県の国体選抜の監督や「風雷神ジュニアバスケットボールクラブ」というU12・U15のクラブチームの運営、前橋市バスケットボール協会の強化部長を務めています。17年間群馬県の国体選手を続けた中で、選手の発掘や育成を向上させる改善点はたくさん感じていました。子供達が現役国体選手のプレーを見て憧れて選手として成長していく、選手目線から選手育成の環境作りをしたいと考え「群馬県の国体で活躍したい」と思えるような子供を一人でも多く輩出することも願い、自ら手を挙げて監督に就任しました。今の20代、30代で良い選手達が群馬県には沢山おります。また、私の現役時代を知ってくれている現役選手達の協力も得て、セレクション大会を開催するなど、レベルの向上を図る企画も実施しております。9年後に群馬国体があるので是非優勝できるように、大都市のチームに負けないチーム作りを目指します。

風雷神ジュニアバスケットボールクラブ

「風雷神ジュニアバスケットボールクラブ」は群馬県内の小中学生を対象に基礎体力作りとバスケットボール技術向上を目的として練習を行っています。「国体の選手経験者が次代の子供達を育てる」この理念の元で、小学生から中学生のバスケットボールキャリアにおいて大変重要で、大切な時期に様々な技術練習や知識を与え、能力の向上させることを目的として活動しています。毎年12月にはライフラインカップという大会を開催しています。群馬県バスケットボール協会、前橋市バスケットボール協会が主催し、前橋市教育委員会の後援も受け、たくさんの群馬の企業様にご協力頂き盛大に開催できますこと大変有難く思っております。




■選手生活を支えてくれた地元に貢献する事業活動。そしてコロナの影響と打開策

現役引退後、これまで選手としての活躍を支えてくれた地元群馬県に対して何が出来るか、どうしたら恩返し出来るか考えたときにALSOK時代に営業として培った経験とノウハウと活かし、経営者としてのチャレンジを思い立ち、ライフラインサポート株式会社を立ち上げました。弊社では「セキュリティ事業」「コインランドリー 事業」そして先ほどお話しした「風雷神ジュニアバスケットボールクラブの運営」の3つの事業を主軸に活動しています。「セキュリティ事業」では高画質のフルハイビジョンの監視カメラの販売や施工、さらにはアドバイザーとして“暮らしやすい街づくり”をテーマにセキュリティ全般について困っている事をお聞きしお客様のお役に立てるよう日々考えながら活動しています。「コインランドリー 事業」では伊勢崎市と前橋市に1店舗ずつ「ひなたにそよぐランドリー」という店舗を運営しております。

ひなたにそよぐランドリー 前橋三河町店

弊社事業では、コインランドリーがコロナウイルスの影響が一番大きいと思われがちですが、意外と影響は少なく、逆に需要が増えている状況です。そのぐらい世間一般が”清潔な生活”に対して非常に敏感になって来ていると思います。店舗での主なコロナ感染拡大防止対策は入口に靴底の除菌マットとアルコール除菌スプレーの設置になります。あとは私と従業員で頻繁に店内の消毒・清掃を行っております。こまめに洗濯機、乾燥機、テーブルなどを消毒し清掃することでお客様の不安は多少でも拭えると思います。さらにはFacebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)で情報発信することを心がけています。大変ありがたいことに常設のアルコールスプレーを使って常連のお客様が自主的にテーブルなどを消毒して頂けてもおります。地域密着型の店舗ではお客様が同士で色々な意味でお手伝いをしてくれる。自分も使いやすいし、他の人にも良い影響があるっていう高い意識で消毒・清掃を自ら率先して行って頂けて、非常に頭の下がる思いです。

コロナの影響を受けたバスケットボールクラブ運営

一方で「風雷神ジュニアバスケットボールクラブの運営」は大きな影響を受けました。公共施設体育館や学校の体育館など色々な公共施設を借りて活動していたのですが緊急事態宣言発令後全て使用中止になってしまい、4〜6月の中旬ぐらいまでの2ヶ月半は全く何もできない状態が続き、チームの運営機能が完全に停止してしまいました。この影響はかなり大きく、我々のクラブチームでは並行して中学校の部活に所属する子供が多数おりますが、主な市町村の施設使用が中止になると、教育委員会が管轄する学校部活の大会も全て部中止になりました。6月中に公共の体育館の利用は可能になり練習は再開されましたが、中学生の7月開催予定であった夏の最後の大会まで全て中止になりました。大変残念なことに、今年の中学3年生の子供達は公式な試合に参加できずに部活が終了となってしまったのです。そんな状況下で我々のクラブチームはできる範囲内で大会を作りました。急遽8月の末に大会を開催したのを始め、9月に関しても今、群馬県バスケット協会主催でリーグ戦が開催されています。私達バスケット関係者は協力して子供達の活躍の場を出来る限り提供したいと思っています。感染拡大対策は群馬県バスケットボール協会の指針に従い除菌や検温・体調管理など細心の注意を払いながら行っております。現状、大会関係者、参加選手、家族、バスケットに関わる全ての人たちがしっかりと感染対策出来ていることに希望を感じています。 




■これからの安全な街づくり、そして地元群馬への恩返し

コロナで問い合わせが多くなった防犯カメラ

セキュリティ事業に関しては"サーモカメラ"や”モーションカメラ”などのお問い合わせが多くなりました。昔だったら防犯などのキャッチフレーズで販売されていたカメラ機器が、今は何でもコロナ対策に結びつくようになりました。なので影響を受けてるのは我々ではなく、他の企業がものすごく影響を受けていて、それに対しての対策をどのようにすればいいのかという質問が来ることが非常に多かったですね。セキュリティ事業においては企業案件からご家庭での案件まで、ケースバイケースで幅広いご要望に寄り添った対策のご提案を行っております。

地元前橋市への熱い思い

コロナウイルスによって様々な犯罪が起きやすいのが状況にあるのが、今の世の中の流れで”コロナ渦”と言われる大きな要因の一つと考えています。そういった不安を多く抱える社会の中でセキュリティの部分、例えば防犯カメラを一つ設置することで犯罪などを抑止に繋がり住みやすい街になっていくと思います。また仕事にはつながらないとしても、地域住民一人一人が地元に対して何か還元しようという気持ちを持つことができれば暮らしやすい街になっていくと思います。私も学生時代から家族、地域の人、色々な方に助けられてここまできました。地元である群馬県に恩返しをするために体が動く限りはバスケットボールと事業活動で貢献していきたいと思っています。



ライフラインサポート株式会社




  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube