目指すは健やかな未来を創る人材教育。『適塾』塾長の先進性とたゆまぬ挑戦。



コロナウイルス感染拡大による小中高の臨時休校。オンライン授業体制を2週間で構築。

コロナウイルスとの戦いが始まってから半年以上が経過しましたね。2月27日に安倍総理が新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、全国の小中高の学校に3月2日からの臨時休校の要請を行いました。これにより公立・私立の教育機関をはじめ教育関連産業の全体が一時的に機能を停止する事態に追い込まれました。もちろん、ご存じの通りこの時点ですでに新型コロナウイルスは全世界的感染拡大を続けておりましたので、日本国内でこの後に緊急事態宣言発令による移動制限、休業要請などの国民生活にとっての深刻な自粛生活が待ち受けることもある程度は予想の範囲にありました。

日本国全体を襲う未曽有のパンデミックに直面しているわけですから、一人の人間として不安や動揺が無かったわけではありません。しかし、子供たちの教育に携わる者の一人として、文字どおりの緊急事態にいかに冷静に対処すべきかが今、問われているのだと考え、取るべき行動を選択しました。

適塾では2月の始め頃から臨時休校の要請が行われることを予想し、講師を含む全スタッフで休校後の対応を協議していました。すべては適塾に通う子供たちのため「休校による学力格差を出来る限り防ぎたい。そのためには自粛生活にあっても毎日しっかりと勉強する習慣を身に付けるように全力で塾生をサポートする」。その方法が『オンライン授業体制の構築』でした。目的と手段が明確となったら後は行動のみです。塾長である私を中心に約2週間で機材と専用スタジオを準備し環境を整え、オンライン授業体制を構築しました。政府の要請を受け、各地で休校が始まった3月上旬より、適塾の授業はオンラインで受講可能な体制に移行しております。



■適塾と共に歩む人生。スパルタ教育から「褒めて伸ばす」教育指導方針へ

授業の様子
授業の様子

適塾は、高崎、富岡、安中の3市に5教室を展開しています。創業は1990年ですが、母体となった学習塾時代を含めると40年の歴史があります。元々、私自身が塾生であった縁もあり、大学生時代から講師として手伝い、そのまま大学卒業後に入社、2007年に塾長(代表取締役)に就任し現在に至ります。振り返れば、適塾と共に歩んだ人生ですね。かつては「日本一のスパルタ塾」などと呼ばれる、厳しい学習指導で名が通っていた時代もあり、まさに私自身がそんなスパルタ指導のもとで育った一人ではありますが、学歴至上主義、スパルタ指導は教育方針としては過去のものです。少子高齢化の時代、子供たちの将来の目標には多くの選択肢があります。また、情報化社会の中で多くの子供たちが自らの目標設定に対して具体的に「どうすればいいか」を考えて行動するようになっています。私たちの教育指導は一方的に学力の詰込みを強要するようなものではなく、子供たちの将来の目標達成に向け、個性に寄り添い、最適な方法論を用いて『褒めて伸ばす教育指導方針』を取っています。将来の目標達成には膨大なエネルギーが必要です。そのエネルギーの蓄え方、蓄えたエネルギーの効率の良い使い方をしっかりと学ぶ場として適塾を活用して欲しいと考えて