機能性チョコレート「GABA」が売り場で目に留まる理由とは?

近年大人気の機能性チョコレート

2015年4月に機能性表示食品制度(※1)がスタートしたことにより、近年大人気の機能性チョコレート。

売り上げがチョコレート市場全体の約1割とされ規模は約500億円と言われています。確かにコンビニやスーパーでよく見かけるような気がします。

お菓子を食べているのに健康になれるなんて得した気分になりますね♫




売り場でパッと目に留まるデザイン、GABA

早速ですが大人気の機能性チョコレートが並ぶコンビニの売り場。

商品によってパッケージデザインもキャッチコピーも値段も違ってどれを買おうか迷いますね。その中でデザイナーの私の目を奪ったパッケージはただひとつ、『メンタルバランスチョコレート GABA』でした。


「グリコ」公式HPより

車のエンブレムのようにGを模ったクールなロゴが中央に大きく配置され、キャッチコピーの「ストレスを低減する」という文字は太くて真っ黒のゴシック。

チョコレートという老若男女が親しみある食品が、かっこよくてスポーティーなパッケージデザインだとどういう印象を受けるか?例えば、プロテインとか、エナジードリンクだとか、そういった健康的な機能を期待できる商品に見えると思いませんか?


他の商品のパッケージはというと、パッと見でいかにもチョコレート!なデザインだったり、女性が好んで手に取りそうな柔らかい印象のデザインが多い中、ひときわ目立つかっこいいデザインのGABA。男性でも照れずにレジに出せるパッケージですよね。


ちなみにGABAはグリコの商品なのですか、同社のリブラという商品はわりと女性的なデザインです。

キャッチコピーが「脂肪と糖の吸収を抑える」ということで、チョコ食べたいけど太るのヤダ〜という女性をターゲットにしているのでしょうか。




期間限定 塩焦がしミルクテイスト買ってみた

2020年6月2日発売の「塩焦がしミルクテイスト」。

期間限定ということで、この味を購入してみました〜。