『俺とジャンプ』Vol.15 2021年 2号

みなさんこんにちは、アイプ スタッフのコロちゃんです。

いつまでも心は少年のコロちゃんが、月曜日は週刊少年ジャンプについて語ります!


の前に


芦澤竜誠、復活ッ!!

昨日はK-1WGP2020が両国国技館で開催されました!

今大会、僕が注目していたのは芦澤竜誠選手の1年4ヶ月ぶりとなる復帰試合です。

対戦相手はKrushのSフェザー王座にも輝いた、実績のある島野浩太朗選手ですが、下馬評では島野選手有利でしたが、見事に芦澤選手が2R TKOで勝利しました!

勝因はやはり芦澤選手の練習量とセンスが噛み合ったんじゃないかと思います。

素材(センス)だけで今まで戦ってきた芦澤選手が休業期間に練習の大切さを知ったそうです…。

芦澤選手は1年前まではその言動が大きかったり、相手選手を煽ったりと、エンターテイナーの塊みたいな選手で、アンチも多い分、ファンもたくさんいました。

僕もファンの1人で毎回楽しく痺れる試合を見て元気をもらっていました。

対する島野選手は、まさに日本男児って感じの出で立ちで、漢を感じさせます。

Sフェザーで名だたる選手と戦い続けているので、試合になるのかと正直思いました。

それでもお互いに格闘センスはあるので、これはセンスとセンスの打つかり合いだと…。

いざ試合がはじまるとやはりK-1はこうじゃなきゃと思うような試合でした!