夏を超えた映画[Vol.3]最近作「閉鎖病棟」・「楽園」・「影裏」に見る俳優【綾野 剛】その可能性の中心

あれほど暑かった夏も過ぎてしまえば恋しく感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

コロナ禍になって改めて気づいた我がインドア志向はGo to トラベルはもちろん、シルバーウィークともほぼ無縁。でも映画鑑賞はインドア派、アウトドア派問わず楽しめる娯楽の王様。今回も秋の夜長の映画紹介で盛り上げていきますよー。(カラ元気!(^^)!)

さて、皆さんにはお気に入りの俳優さんっていますか?すでに映画、テレビ等で大活躍されている俳優さんで特に意識はしてなかった、つまり熱烈なファンでもないのだけど、観る映画、観る映画に「おいまた出てるんかい!」の役者さんあるある。ついに夢にまで出てくるようになっちゃった、私にとって放っておけない人、その名も綾野剛さんの魅力を最近観た映画三作品で紹介したいと思います。

綾野剛が最初に注目されたのは芦田愛菜ちゃんの出世作「Mother」での愛人(尾野真千子)の連れ子を虐待する鬼畜男。あまりにもピッタリなキャスティングで怖いくらい。これがブレークのきっかけらしい。

そして翌2011年下半期の朝ドラ「カーネーション」でヒロイン尾野真千子(またも!)の道ならぬ恋人役で一気にお茶の間に浸透。色白、しょうゆ顔で三味線なんぞ弾く謎めいた仕立て屋として強烈な印象を残しましたね。そう、今でこそ堂々たる主演を張る彼は実は助演で光る人でもあります。

一本目はそんな彼が助演に回った「閉鎖病棟-それぞれの朝-」(2019年)

原作は現役の精神科医である帚木蓬生の山本周五郎賞受賞作『閉鎖病棟』。『愛を乞うひと』の平山秀幸監督が脚本も担当。やんごとなき事情によって長い間精神科病棟に入院している個性豊かな人たちの群像劇に暴力と殺人事件を絡ませてヒューマンドラマに仕上げた作品。

死刑執行の失敗から脊髄を損傷し、車いす生活で入院している主人公を鶴瓶が演じ、綾野剛は統合失調症の既往歴から投薬で生活がコントロールされているにもかかわらず家族から退院を拒まれている青年役。そこへ暗い少年のような面差しの小松菜奈が家族に連れられてやってくる。


精神科病棟の知識はないけれど、なるほどこんな風な入院生活なんだと思わせる部分と、フィクションを盛りすぎた部分(病院内でのレイプや殺人事件)との落差が大きくて、本当に描きたかったことがぼやけてしまった感はあります。ありますけど、それを補って余りある奥行きのある芝居を綾野剛が見せてくれました。病気による過去の