趣味の極北【建築模型】家庭で簡単に手作り建築模型が楽しめる奥義伝授その②「若き模型マニアへの遺言。これがリュウケン流の建築模型の全てだ!!!」

こんにちは。スタジオアイプ スタッフのリュウケンと申します。

前回は建築模型についての説明、そして材料と道具のご紹介をしました。

今回は実際に建築模型を製作していきたいと思います。




製作開始

今回制作するこの家は角ログ仕様の北欧風に家。建坪は38坪。縮尺は1/40 材料はバルサ材、基本1㎜厚のバルサ貼り合わせて厚さを調整することとしました。

一般的に建築模型は図面を作るところから始めますが私は図面を作りません。なぜかと言うと図面があることにより「作らされてしまう」また「作ることだけに集中してしまう」からです。図面がないといい加減な作りになってしまうように思う人もいると思いますが、住む人のことを考えながら作る楽しさ、解放感それは息抜きになります。

バルサをカットするときの注意点はカッターを垂直に立てカットする方向に力を加減して引いてゆくこと。あまり力を入れると、切るのではなく割ってしまうことになります。(断面が汚くなる)なにごとも「いい加減」がよいのですね!