夏を超えた映画【洋画篇Vol.2】カンヌ映画祭とアカデミー賞を賑わせた最新作 「パラサイト」「1917」を【ネタバレ】スレスレ徹底解説!

ほんの、ほんの少しだけ秋の気配を感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?

連日の熱中症警戒アラート発令ですっかり巣ごもり生活が板につき、冷房の効いたお部屋での映画鑑賞が新しい日常となった、かもしれない皆様におすすめ映画を紹介する気ままな企画の第二回。


今日は賞レースを席捲した話題の二作品を、これから御覧になる方のためにネタバレは最小限で熱く語ります。



一本目は昨年のカンヌ国際映画祭、パルムドール(最高賞)受賞作にして今年のアカデミー賞で主要4部門(作品、監督、脚本、国際長編映画)まで獲っちゃったポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」。アカデミー賞で韓国映画が「作品賞」に選ばれたのも初めてなら、アジアの映画で初、いや非英語作品が選ばれたのが初。これ、クロサワもイマムラも成しえなかった歴史的快挙。獲っちゃったって書いたけど獲りに行って獲れるものなのか?映画賞。凱旋門賞獲りに行っていまだに獲れない日本馬のことを思うと道のりは険しかったはず。武豊さん、いつか悲願達成お願いします。(この例え正しい???)

ともあれ、韓国映画というと個人的にはキム・ギドク監督のディープな世界観にノックアウトされて以来しばらくご無沙汰していました。何というかパンチの効いたサムゲタンでお腹一杯になった後(褒めてます!)しばらく冷や麦でいいやと思っていたところに、ドライフルーツとブルーチーズでストリチナヤを嗜むような味わいの韓国映画が現れた感じ。(この例えで果たして伝わっているのか???自信なし・・・)

この映画、私にとってコロナ禍になる前に劇場で観た最後の映画になっちゃった。やっぱり本来は映画鑑賞って劇場に足を運んで体験すべきものだと思いますよ。でもねぇ、正直まだちょっと安心してスクリーンに集中出来ないと思う今日この頃であることが悲しいですね😢😢😢

ストーリーを雑に説明すると、半地下という韓国に実際にある貧困層用住宅に住む4人家族が、丘の上の美術館と見紛うような豪邸に住む一家に巧妙に入り込んでパラサイト(寄生)してシメシメ、っていうのが前半。で、その後予想だにしない展開が待ち受けて怒涛のラストに暴走していくのが後半。

貧困層vs富裕層の対立をコメディータッチで描きつつ、とても洗練された仕掛けとサプライズが用意されていて最後まで飽きさせない。貧困家族の父親は「計画がある」が口癖なのだけれども、お金持ち一家がキャンプで留守なのをいいことに、豪邸で一家4人酒盛りパーティーをやっちゃうような無軌道さ。でも4人それぞれが、運転手、家政婦、娘の家庭教師、息子のセラピストとして律儀に働いていて憎めない上に何だか楽しそう。監督が巧みなのは、対するお金持ち一家を高慢で鼻持ちならない俗物という、ありがちなパターンに落とし込まないところ。お金もあるけど節度もある善良な一家として描いている。特に奥様は家政婦がいなけりゃ家事もおぼつかないぼんやりさんで、清々しいまでの騙されっぷりが可愛らしくも滑稽で、こちらも憎めない。運転手