夏を超えた映画【洋画篇Vol.1】クリント・イーストウッド作品が誘う異空間への旅

皆様、残暑お見舞い申し上げます。

お盆休み真っ只中、ステイホームの人も不要不急以外の外出組の人もNew Life Styleしてますか?今日はそんな皆様に、お家でのまったり時間を異空間への旅へと誘うおすすめ映画を紹介します。第一回目は、「この監督作品に外れなし」と謳われるクリント・イーストウッド作品を3つ。


役者時代のクリント・イーストウッドの代表作といえばダーティーハリー。

「Go ahead, make my day.」の名セリフと共にタフなヒーロー像が頭にこびりついて、共和党支持の保守的な政治姿勢からもちょっと敬遠したいハリウッドセレブでしたよ。ええ。ところがどっこいこのお方、年齢を重ねるごとに見事な内股膏薬ぶりを発揮(褒めてます)。華麗なる転向いや転身を遂げていたのであります。


監督兼主演作品でアカデミー賞を総なめした「許されざる者」(1992年)では不覚にも途中で寝てしまった苦い経験を踏まえつつ決死の覚悟で観た「ミリオンダラー・ベイビー」(2004年)で度肝を撃ち抜かれましたよ、はい。

なんだ、これ女性版ロッキーのサクセスストーリーじゃんと思いきや、中盤ヒロインが試合中の事故で半身不随に。えっ何・・・ズッシーンと重いテーマにいきなり落とす。もう最後は観ているのが苦しくなるような内容。この映画で二度目のアカデミー作品賞・監督賞をダブル受賞しました。御年74歳の時のこと。それからは彼の作品が製作される度にわたくし個人としても注目せざるを得ない唯一無二の映画監督となり今に至ります…。あっ、前置きが長くなりましたがここからが本題。



今日紹介する一本目はこの「ミリオンダラー・ベイビー」の前年に公開された

『ミスティック・リバー』(2003年)

アメリカの「今いるここで咲けない」けれど「ここから出で行くこともできない」宿命とは・・・

ボストン出身のデニス・ルヘインが自身の故郷を舞台に描いてアンソニー賞を受賞した長編ミステリーが原作のこの映画、わたくし、この夏再鑑賞しました。ストーリーの輪郭、映像、役者の演技・・・あぁそうそう